過払い金を逆請求してリッチな生活を送るべし|トラブルに巻き込まれたなら迷わず弁護士に依頼するのが鉄則

過払い金を逆請求してリッチな生活を送るべし

ウーマン

そもそも過払い金とは

日々の生活を送っていると思わぬ出費が重なってしまい、しぶしぶお金を借りなければならないことがあるでしょう。そして、知人に頼みにくいとついついキャッシングなどに手を出してしまうのです。しかし、そこには落とし穴があり、利息を異常な料金で請求してくるところもあります。過払い金とはカードローンやキャッシングなどで発生した金利のことをいい、その金額が標準値より超えている場合に、千葉県にある弁護士を通して返却の請求をすることができるといった仕組みになっているのです。特に、2008年12月以降にお金を借りた場合や借金を全て支払い終わってから10年が経過していない場合はどちらも訴えを起こすことが可能になっています。それらに該当しているのなら、できるだけ早く名声の高い事務所に依頼をするのが得策です。

弁護士と司法書士の違い

弁護士の他にも司法書士という専門家がおり、こちらでも過払い金の対応をしてくれます。しかし、よく内容を把握しておかなくては返って損をしてしまうことになるので、この機会に知識を蓄えておくといいでしょう。例えば、借金の総額が140万円をこえていない場合は司法書士でも対応してもらうことができるのですが、それ以上になると弁護士しか取り扱えないと定められているので、借金額が多ければ多いほど初めから弁護士に頼んだ方が有利に事を動かすことができるでしょう。そして、限度額がないだけでなく、弁護士は地方裁判所の管轄事件の代理人になれるので、千葉県でトラブルに巻き込まれているのなら相談を持ち掛けるといいでしょう。そして、弁護士を雇うと有利になるので、相手も弁護士を雇うことになります。そうすると、期間が延びるごとに費用がかかってしまい相手の方から白旗を振ってくるケースがあるので、早く問題を決着させることができるようになるのです。極めつけに金額に制限がかかっていないので、1千万円や1億円を超える額だったとしても、全額耳を揃えて返却を命じることが可能になっています。ですので、一人で悩んでいるのなら、専門家を訪ねて最善の方法を尽くしてもらうようにするべきです。

過払い金請求に必要なもの

  • 印鑑
  • 身分証明書
  • 利用していたカード会社の名前

正義の味方

時計と人形

離婚は他人事ではない

離婚専門の弁護士ならどのような案件であっても耳を貸してくれるので、一人で解決しようとせずにお願いしてみるといいでしょう。今では電話やメールを利用して気軽に依頼することができるようになっているので心強いのです。

READ MORE
ウーマン

過払い金を逆請求してリッチな生活を送るべし

過払い金だからといって諦める必要はまったくないので、専門家に申し込んでみるといいかもしれません。そうすることによって、借金が軽減されたり、今まで払ってきたお金を取り返したりすることができるようになっているのです。

READ MORE
広告募集中